no title






1: 2018/08/24(金) 11:32:07.79 ID:fhxV9pr70
西武榎田、1戦換算「7・42点」大量援護のワケ

「7・42」。今季、西武榎田大樹投手(32)が先発した時の援護点だ。降板するまでに味方打線が挙げた得点を1試合換算したもの。
菊池(4・8)十亀(4・1)ウルフ(5・9)今井(6・0)ら他の先発と比べ、かなり恵まれている。チーム勝ち頭の多和田(7・43)に匹敵。
ロッテ戦でも7回までに4点をもらい、6回1/3、6安打2失点で9勝目を挙げた。

榎田 それ(テンポ)しか考えてません。すごい球を投げるわけじゃない。僕は、持っているもの全てを使わないといけないので。
9勝は「打ってくれるから」。その援護を呼んだのは榎田自身だ。特性を磨き、不可欠の左腕となった。
最短で25日に優勝マジック24がともる。【古川真弥】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00308545-nksports-base

続きを読む