アクセスランキング

    森友哉

    森友哉って言うほど打撃伸びなかったな

    MoriTomoya20181010





    1: 2019/04/16(火) 14:51:32.63 ID:WmMYLRf1p

    (19) 41試合 打率.275 6本塁打 15打点 OPS.945
    (20) 138試合 打率.287 17本塁打 68打点 OPS.825
    (21) 107試合 打率.292 10本塁打 46打点 OPS.803
    (22) 38試合 打率.339 2本塁打 18打点 OPS.934
    (23) 136試合 打率.275 16本塁打 80打点 OPS.835

    今年ここまで
    13試合 打率.383 2本塁打 16打点 OPS.1.145

    恵まれた1~2年目からの3年目以降のがっかり感半端ない

    続きを読む

    西武森友哉「俺は野球うまいから」

    ful_20180628_mori_ay-560x373_thum630





    1: 2019/01/21(月) 08:12:47.08 ID:m9+WYZSl0
    そんなに上手か?

    高2春甲子園 .444 1本 1.191
    高2夏甲子園 .400 2本 1.370
    高2u-18 .323 1本 .995
    高3春甲子園 .800 0本 1.800
    高3夏甲子園 .500 2本 1.571
    高3u-18 .406 1本 1.145
    (19).275 6本 .945
    (20).287 17本 .825
    (21).292 10本 .803
    (22).339 2本.934
    (23).275 16本 .823

    続きを読む

    捕手というなんJで唯一史上最強が一致しないポジション

    G20150219009833850_view





    1: 2019/01/18(金) 14:12:52.06 ID:pD2uYPPW0
    他のポジションは全て満場一致で決まるのに

    続きを読む

    大阪桐蔭・西谷監督「(根尾昂は)みなさんが思う根尾には達してない。」

    hig18040415180012-p1






    1: 2018/12/31(月) 15:41:54.09 ID:rzLQH2N20
    2度目の春夏連覇。大阪桐蔭、西谷監督が語る「最強世代」の成長過程

    まだ何も始まっていないのに過剰な注目を浴び、大阪桐蔭の西谷浩一監督は世間の騒ぎと目の前の選手たちとの間にキャップを感じていた。

     注目の筆頭だった根尾についても、こう語る。

    「入学当初の中田(翔)なら、誰が見てもすごいですし、大きく騒がれても仕方ないという気持ちでしたが、根尾の場合はそれとは違う。打者としての力で言うなら、森友哉は飛び抜けていましたが、そことも違う。

     もちろん根尾もいい選手ですが、森はほかにいないレベルのバッターでしたから。でもそういうことを言うと、僕が謙遜しているようにとられてしまって……。世間の注目と、とくに下級生時の根尾や藤原(恭大)の実力との間には、まだまだ大きなギャップがありました」

    「根尾については、僕らのなかでは段階を踏んで順調に成長していました。でも、みなさんが思う根尾には達していない。そういう状態が続いていたと思います」

    続きを読む

    大阪桐蔭西谷「根尾の意識はプロでも上位、打者としては森と比べたら可愛そう」

    img003






    1: 2018/10/26(金) 14:10:48.34 ID:OW7J9mgL0
    「いい選手だがみんなが思う根尾にまでは達していない」

     大阪桐蔭の西谷浩一監督はそう根尾を評する。そして何よりも絶賛するのが、根尾の内面である。

    「意識的なところでいえば、今のプロ選手に交じってもかなり上位に入るのでは……と僕の勝手な想像ですけど、そんな風に思うところはあります。
    技術的にはまだまだ足りませんが、取り組み方、考え方でいえば、本当に高校生レベルではないものを持っています」

     大阪桐蔭入学前から“飛騨のスーパー中学生”と大きな注目を集め、そこから約2年半、周囲の期待と根尾の成長は必ずしも合致していたわけではない。
    過去に大阪桐蔭では、“二刀流”というなら中田翔(日本ハム)がいたし、“剛腕”というなら辻内崇伸(元巨人)や藤浪晋太郎(阪神)もいた。また、打者として見ても、
    中田や中村剛也(西武)のスケール、森友哉、浅村栄斗(ともに西武)の技術など、すごい打者はいくらでもいた。

    「『森(友哉)と比べてどうですか』と聞かれても、正直、そこは比べたらあかんでしょうという気持ちになります。森は高校生のレベルをはるかに超えていましたから。
    もちろん、根尾もいい選手ですし、この夏の甲子園でのバッティングをあらためてビデオで見ると、やっぱりすごいなと思いましたけど、みんなが思う根尾にまでは達していない……そういう表現が的確かもしれないですね」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00010010-sportiva-base

    続きを読む

    西武ハムの若手自慢←腹立つ 楽天の若手自慢←いいね

    13899080_80693b3ad6ad4ff8bc9f146382e122a7_L





    1: 2018/08/31(金) 16:36:31.60 ID:2TJQX8Brd
    なぜなのか
    ちなヤク

    続きを読む

    【悲報】西武森友哉、3割も本塁打20本も打点80も達成できない

    p_l_mori2017





    1: 2018/08/31(金) 11:15:57.77 ID:+zpxuV97a
    大したことないやんけ

    続きを読む

    西武ライオンズさん、優勝が怪しくなる

    5d8e26c8fd9bcb9e28ca7cc2cca19b85





    1: 2018/08/27(月) 06:44:03.54 ID:Ntu4S7CZp
    ソフトバンクにビビって3タテ
    山川が打てなくて泣きそうな顔になってる
    中村、栗山、ウルフくらいしか優勝経験がなく、優勝経験豊富なソフトバンクに比べて圧倒的なプレッシャーの中戦わないといけない

    大丈夫なんですかね

    続きを読む
    記事検索
    ギャラリー
    • 西岡「グラティや」←対戦相手の侮辱はやめろ 丸「丸ポーズや」←良いね、興行だしこういうの大切
    • 与田「別に俺は熱くなってなんかいない。しっかりジャッジして欲しかっただけ」 京田「ヤバかった…」
    • 与田「別に俺は熱くなってなんかいない。しっかりジャッジして欲しかっただけ」 京田「ヤバかった…」
    • 与田「別に俺は熱くなってなんかいない。しっかりジャッジして欲しかっただけ」 京田「ヤバかった…」
    • 日本ハム : 61得点、9本塁打、6盗塁、OPS.637、得点圏打率.198→リーグ最下位
    • 山田哲人(26).319 4本14点 7盗塁 ops1.088war2.1←こいつ
    スポンサードリンク
    Twitter プロフィール
    なんJ系まとめブログ 「NPB NEWS」管理人です。最新野球ニュース・野球ネタなどを扱っています。
    スポンサードリンク