アクセスランキング

    コーチ

    【悲報】大谷、三振で骨折か

    D7EVkv5UYAADzQF





    1: 2019/05/21(火) 14:12:02.94 ID:UaQe/zFI0

    すごい音した

    続きを読む

    昨日の鈴木誠也の首切りジェスチャーwwmm

    1: 2019/04/30(火) 09:05:45.16 ID:pp1yZcjad

    no title

    続きを読む

    【速報】巨人岩隈、開幕2軍確定 原監督が名言

    2019012300046_1





    1: 2019/02/27(水) 13:54:03.77 ID:fhfXnw4a0
    巨人原監督
    岩隈久志投手の調整具合を慎重に見極めた結果、開幕1軍はないと明言
    キャンプ後ファームに合流
    シーズン途中での昇格を目指す
    https://twitter.com/hochi_giants/status/1100619487131267072 




    続きを読む

    楽天の打撃コーチ 井口、城島を育てたコーチだった

    20190214-00000002-khks-000-1-view





    1: 2019/02/14(木) 08:01:06.38 ID:uRSthFdu0St.V
    <楽天>今季加入の1軍コーチ金森氏、打撃改革着々 辰己ら早くも手応え

     ロッテから今季加入した金森1軍打撃チーフコーチが打撃改革に取り組んでいる。昨季、チームの打率と打点は12球団で最低だったが、
    「みんな体幹が強くていい」と伸びしろを感じている様子。引退後に6球団を渡り歩き、数々の名プレーヤーを誕生させた名伯楽の指導に、早くも効果を実感している選手は多い。

     11日の特別打撃練習。金森チーフコーチは辰己の打撃投手を務めた。143スイング中、37本の柵越えを放った期待の新人に練習後、丁寧に助言を与えた。

     ボールを手元まで引き付け、脇を締めて腰の回転で打球を飛ばすという打撃理論で、これまで井口(ロッテ監督)、城島(元ソフトバンク)らを主力打者に育てた。

     「金森さんの指導は僕に合っている」と辰己は満足そうに語る。左中間への強い打撃は元々得意だが、腰の回転をうまく使うことで強さが増し、打ち損じも減ったという。「さすがプロのコーチ」と感嘆する。

    続きを読む

    コナン「偶然にも中日ドラゴンズ戦のチケットを手に入れた僕達は」

    no title





    1: 2019/02/13(水) 08:08:14.43 ID:OaB5Bo2fa
    コナン「おかしい・・・点数が入らない」

    続きを読む

    強力カープ打線の打撃コーチ・東出(超アヘ単)、迎(2軍の帝王)←これ

    795dd0d3





    1: 2019/01/25(金) 07:40:35.13 ID:jbTHE1Hn0
    いうほど指導者の実績って関係あるか?

    続きを読む

    【悲報】<中村紀洋>指導者に何度も怒鳴られて「野球が嫌いになった」と辞めることになった話を聞くと心が痛みます。

    b2dd1517





    1: 2019/01/01(火) 23:30:56.16 ID:CAP_USER9
    【中村紀洋の目】野球をうまくなりたい子供たちへ―「上達するために最も大事なことは…」

    新年を迎えました。1年間はあっという間ですね。昨年は「N’s method」で活動する機会が増えました。子供たちに野球を教えることで僕もたくさんのことを学ばせていただきました。浜松開誠館で非常勤コーチもやらせてもらっていますが、子供の性格は十人十色で考え方も違います。ただ野球がうまくなるのではなく高校野球を通じて人間教育も非常に重要です。指導は非常に奥深いと改めて感じさせられました。

     子供たちを教えていて感じるのが、野球が上達するために最も大事なのが「意識」だと思います。例えば素振りを例にとっても、ただ100回漠然と振るより、30回全身を使って振る方が身になります。キャッチボールもそうです。ボールをどうやって握って投げているか、どの位置に投げれば相手は捕りやすいか。基本的なことかもしれませんが、実はこの基本をおろそかにしているケースが非常に多く見受けられます。

     監督やコーチの責任も重大です。頭ごなしに怒鳴り散らす指導法では、子供も「野球がうまくなりたい意識」より「指導者に怒られないようにする」ことに意識が向きます。せっかく好きで野球を始めたのに、指導者に何度も怒鳴られて「野球が嫌いになった」と辞めることになった話を聞くと心が痛みます。 

    続きを読む

    衣笠祥雄さんが、指導者としてユニホームを着なかった理由

    1: 2018/12/30(日) 19:38:16.89 ID:CAP_USER9
    広島の功労者 監督としてユニホームを着なかった衣笠祥雄さんの思い

    だからこその思いが、広島ファンならずともある。「衣笠監督」はなぜ実現しなかったのか―。
    鉄人の無二の親友だった江夏豊氏がこの問いに丁寧に答えた。
    「これは謎。いろんな説があるけど…。先代のオーナー(故・松田耕平氏)室には衣笠のものばかり飾られていた。
    なぜ、あれだけの功労者なのにカープの指導者になれなかったのだろうか。
    オレには分からない」と思案を巡らせ、さらにこう続けた。

    「ある時、サチに聞いたことがある。『指導者というものに魅力はないんか』と。『ある。やってみたい』と、はっきり言った。
    でも、監督というのは、自分がやりたいからやれるものでない。サチも何があったのか言わない。
    他球団のユニホームを着るチャンスは、あるにはあったらしい。即座にお断りしたと。
    『オレは広島の衣笠だ』ということ。それが、どこのチームなのか聞きもしていないけど」

    87年の引退後、指導者として球界に復帰することはついになかった。
    縁やタイミング、強すぎた広島愛、理由は一つではないだろう。野球人生もまた、小細工なしのフルスイングだった。 

    続きを読む
    記事検索
    ギャラリー
    • 宮迫博之のいないアメトークってさ
    • 「ゲーム障害」の特徴がこれ
    • 「ゲーム障害」の特徴がこれ
    • ロビンソン・カノー(36) 年2400万ドル 53試合.228(197-45)4本16打点OPS.647rWAR-0.7
    • 久保健英くん、コパアメリカを0ゴール0アシストで終える
    • 日本代表上田くん(大学生)に対する世界の反応
    スポンサードリンク
    Twitter プロフィール
    なんJ系まとめブログ 「NPB NEWS」管理人です。最新野球ニュース・野球ネタなどを扱っています。
    スポンサードリンク